薬剤師の転職活動を応援します!

薬剤師求人、転職サイトを利用する上での注意点

薬剤師として転職を検討する方の多くは、転職サイトを利用しています。最近は多くの転職サイトが登場しており、中には、薬剤師専門の転職サイトもあります。

こうしたサイトでは薬剤師経験のある方が担当のアドバイザーとしてサポートしてくれたり、薬剤師業界にも詳しい方が多いため、とても便利なサービスと言えます。ただし、最近はその競争の中で、良い転職サイトを選ぶという事も、とても大切になってきています。
パート薬剤師のメリット・デメリット

転職サイトは転職する側の方は無料でサービスを利用できますが、とても充実したサービスを受ける事ができます。

求人の紹介から、転職の悩みの相談、履歴書の添削や面接対策など、細かく挙げればその内容はきりがありませんが、こうしたサービスがなぜ無料で利用できるかというと、求人募集を転職サイトに依頼する企業から、その紹介料を頂いているからなのです。

転職サイトのアドバイザーが人材を紹介すると報酬が入る、成果報酬型となっています。 この仕組みを考えると、転職アドバイザーからすると、とにかく早く仕事を紹介したいという考えになる場合があるという事です。

転職したい方の意向を聞いた仕事の紹介というのがもちろん基本となりますが、早く人材を紹介して欲しいという、企業側からの意向で、あなたの希望に十分に沿わない求人をお勧めされるケースもあるという事です。これは時々転職サイトのクレームとして上がっている事例で、気を付けておく必要があります。転職エージェントとの付き合い方については、下記も参照してください。

こうした時には、転職サイトは他にもあるため、違うサイトのアドバイザーで親身になってくれる方を頼るのがお勧めです。登録してサポートしてくれるからと言っても、自分に合わないと感じた方のアドバイスをそのまま聞く必要はありません。

また、他の転職サイトのアドバイザーの方にも、こうした事があってという事情を伝えておくと、そのアドバイザーの方も、無理な紹介は控えるようになりやすいです。便利になった分、注意点も出てくるので、気を付けましょう。

面接で不採用になりやすい薬剤師

現在、薬剤師という職業はまだまだ売り手市場にあるといえるでしょう。 ですが、この先現在のような状況は逆転してしまうと言われています。 つまり、何年か先には求人側が求職側を選べる時代がやってくるということです。

売り手市場である現在はかなり魅力的な年収を提示して薬剤師を集めている企業が多いのですが、そのような状態になれば年収も上げ止まりの状態になってしまうでしょう。

それに、様々な企業で薬剤師の数が十分に足りるような状態になると求人情報も激減しますよね。これから転職活動をして行こうと考えている方は、そのような状況になっても採用において有利な薬剤師になるためにはどうすれば良いのか知っておくことが大切です。

そこで、面接で不採用になりやすい薬剤師と採用されやすい薬剤師の特徴についてご紹介しましょう。

薬剤師が非常に不足していた時期には薬剤師資格を持っているだけで採用されるようなケースも珍しくありませんでした。

現在はある程度薬剤師の数が確保できているため、最低限のマナーを守れる方でなければその時点で面接では不利になってしまいます。例えば、挨拶ができない方や笑顔が少ない方ですね。

実際にこのような理由で面接に落ちてしまっている方もいるようです。薬剤師は患者さんだけでなく、職場によっては医師や看護師とも協力して仕事をしていかなければなりません。 そのような立場で働くのに挨拶がなかったり笑顔がないような方はどうしても不利になってしまうのです。

それから、転職活動しているのに転職の動機が曖昧である場合にも面接では不利になってしまいます。

どの職場でも仕事に対してやる気を持って前向きに頑張ってくれる人材を探しているわけなので、自分がその職場で将来どのように活躍していきたいと思っているのかなども面接でしっかり説明できるように準備していきましょう。

昔に比べると薬剤師の面接は厳しいものになりましたが、これはなにも求められるスキルがアップしているというわけではありません。重視されているのは患者さんへの接し方やコミュニケーション能力であるため、このあたりを磨いて面接に挑みたいですね。

薬剤師の転職回数について

どのような仕事でも言えることですが、転職回数が多くなればなるほど次の転職活動が困難になってしまいます。ですが、薬剤師は他の職業に比べると転職回数が多くなりやすい職業だと言われているのです。その理由としては人間関係の問題やスキルアップのためといったことが挙げられます。

実際に長年薬剤師として働いている方の多くは1回以上の転職を経験している場合が多いため、少ない転職回数であればそれほど不利にはならないと考えて良いでしょう。

ただ、転職回数が3回以上になってしまうと注意が必要です。様々な求人元が転職回数3回以上の方を警戒しているため、同じような条件で転職回数が少ない方がいればそちらが採用されてしまう可能性が高いといえるでしょう。

特に問題になってくるのが転職の理由に関することです。例えば、女性の薬剤師で旦那さんの転勤が理由で何度も転職を繰り返しているということであればそれほど大きなマイナスにはなりません。

てすが、短期間のうちに何度も人間関係を理由に転職を繰り返しているような方は本人の人間性などに問題があると考えられてしまう可能性が高いです。

他にも、職場の環境や給料などに不満があって転職をする方は多いですが、そのような理由で転職を繰り返してしまうとどんどん不利になってしまいます。

転職回数が多くなってしまった方は求人元にとって大きなマイナスとして見られないような転職理由を考えると良いですね。後ろ向きな転職理由はどうしても悪く見られがちです。

スキルアップのためという理由であれば前向きな転職であるため、このような理由を考えてみてはどうでしょうか。

ただ、何よりも重要なのは転職回数を無駄に増やさないということでもあります。求人情報をチェックした際には自分に合っていると感じたものの、いざ働き始めてみたら想像と違っていたというケースもありますよね。

このような理由で転職回数を増やしてしまうのはもったいないので、転職支援サイトのコンサルタントに相談をしながら自分に合った職場探しをしてみましょう。